[VirtualWeb] サーバーマネージャー自動起動の停止方法

ここではリモートデスクトップ接続時に自動起動する「サーバーマネージャ」を停止する設定のご案内をします。

 

サーバーマネージャ自動起動の停止

サーバーマネージャーが起動したら「ログオン時にこのコンソールを表示しない」にチェックを入れ、サーバーマネージャーを閉じます。
以上の設定でリモートデスクトップ接続時に自動起動されなくなります。

  • 9769 Users Found This Useful
Was this answer helpful?

Related Articles

[VirtualWeb] デスクトップアプリケーションを起動したままにする方法

VPS上のデスクトップアプリケーションを起動したままにしたい、あるいは作業を中断して後からまた再開したい、という場合には以下の手順で可能です。...

[VirtualWeb] VTトレーダーが起動しない

Windows Serverの規定のセキュリティ設定の影響により、VTトレーダーが起動をしない場合の対処方法の手順をご案内します。...

[VirtualWeb] Web Platform Installer 2.0からのインストールについて

デスクトップ上に存在する「Web Platform Installer 2.0」(以下Web PI)についてのご案内です。 Web PIはマイクロソフト社により提供されている機能で...

[VirtualWeb] .Net Framework 3.5 SP1のインストールについて

ここでは「Web Platform Installer 2.0」を使用した.Net Framework 3.5 SP1のインストール手順をご案内します。※この作業を行う前にWeb...