[VirtualWeb] .Net Framework 3.5 SP1のインストールについて

ここでは「Web Platform Installer 2.0」を使用した.Net Framework 3.5 SP1のインストール手順をご案内します。
※この作業を行う前にWeb Platform Installer 2.0からのインストールについてをご一読ください。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール01

1.デスクトップ上の「WebPlatformInstaller」アイコンをダブルクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール02

2.警告メッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール03

3.左側の「Webプラットフォーム」をクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール04

4.フレームワークおよびランタイムの「カスタマイズ」をクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール05

5.「.Net Framework 3.5 SP 1」にチェックをして「インストール」をクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール06

6.ライセンスに関するウィンドウが表示されるので、「同意する」をクリックします。

 

.Net Framework 3.5 SP1のインストール07

7.インストールが完了したら「完了」をクリックします。

  • 4 人がこの投稿を評価しています
回答は役立ちましたか?

関連記事

[VirtualWeb] デスクトップアプリケーションを起動したままにする方法

VPS上のデスクトップアプリケーションを起動したままにしたい、あるいは作業を中断して後からまた再開したい、という場合には以下の手順で可能です。...

[VirtualWeb] VTトレーダーが起動しない

Windows Serverの規定のセキュリティ設定の影響により、VTトレーダーが起動をしない場合の対処方法の手順をご案内します。...

[VirtualWeb] Web Platform Installer 2.0からのインストールについて

デスクトップ上に存在する「Web Platform Installer 2.0」(以下Web PI)についてのご案内です。 Web PIはマイクロソフト社により提供されている機能で...

[VirtualWeb] サーバーマネージャー自動起動の停止方法

ここではリモートデスクトップ接続時に自動起動する「サーバーマネージャ」を停止する設定のご案内をします。  ...