ドメイン名の登録者情報(whois情報)について

WHOISとは、ドメイン名やIPアドレスといった情報を検索できるサービスで、主にドメイン名を管理する「レジストリ」が提供しています。インターネット関連のトラブルが発生したときなどに、whoisを検索する事でドメインやサーバの管理者がわかり、対応先や問題解決の糸口となります。Whois情報は、ドメインの登録会社「レジストラ」等を経由してwhoisのデータベースに保存される仕組みになっています。

WHOISの運営(公開)は、各レジストリによってそれぞれの情報公開ポリシーに基づいて行われています。



○.com/.net/.org/.info等(gTLDドメイン)の場合

・登録者情報(Registrant)
 ドメインの所有者の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「Registrant Contact」として記載されます。

・管理担当者情報(Admin)
 ドメインの管理を担当される方の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「Administrative Contact」として記載されます。

・理担当者情報(Billing)
 ドメインの料金に関する担当の方の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「Billing Contact」として記載されます。

・技術担当者情報(Tech)
 ドメイン(サーバ運用)など、技術的な担当の方の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「Technical Contact」として記載されます。



○.jp(汎用JP/都道府県型JPドメイン)の場合

・登録者情報
 ドメインの所有者の情報です。ドメインのWhois情報等に登録者情報の「登録者名」のみ
 記載されます。

・公開連絡窓口情報
 登録者への連絡窓口担当者の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「Contact Information」として記載されます。



○.co.jp/.or.jp(属性JPドメイン)の場合

・登録担当者情報
 ドメイン登録に関する連絡担当の方の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「登録担当者」として記載されます。

・技術担当者情報
 ドメイン(サーバ運用)など、技術的な担当の方の情報です。ドメインのWhois情報等に
 「技術連絡担当者」として記載されます。


<Whois情報の初期値について>

○ドメインを弊社にて新規で取得された場合

・gTLDドメイン(.com/.net/.org/.info等)
すべて弊社情報(Whois情報公開代行)にて公開いたしております。

・汎用JPドメイン(.jp)
既定では[公開連絡窓口]が弊社情報(Whois情報公開代行)にて公開されます。
※ドメインのみのお申込時、[公開を希望する]をご選択された場合にはお客様情報にて公開されます。

・属性JPドメイン(.co.jp/.or.jp)
お客様情報にて公開されます。


○お持ちのドメインを弊社に移管された場合

・gTLDドメイン(.com/.net/.org/.info等)
登録者情報(Registrant)はご登録のお客様情報にて、他の情報は弊社情報にて公開される事となります。

・汎用JPドメイン(.jp)
[公開連絡窓口]がご登録のお客様情報にて公開されます。

・属性JPドメイン(.co.jp/.or.jp)
ドメイン移管元でドメインに登録済みのお客様情報にて公開されます。

  • 37 人がこの投稿を評価しています
回答は役立ちましたか?

関連記事

whoisとはなんですか?

IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を誰でも調べることのできるサービスのことです。Whoisに掲載されます登録情報は、スパムメールやHP不正開設の際の連絡先などとして利用されますので...

Please validate your domain name(Whois検証)のメールに関して

gTLDドメイン名(.com/.netなど)を取得利用されている方は、ICANNの方針により、ドメイン管理の上位機関から、以下のような内容のメールを送信される場合があります。----------...

Whois情報の変更方法

弊社にて管理いたしておりますドメイン名のwhois情報は、適宜お客様にてご変更いただく事が可能です。下記手順にて、お客様にて、変更作業を行っていただきます様お願いいたします。1....