[VirtualWeb] Windows Updateの設定方法

VPSのWindows Update設定は、デフォルトでは無効になっています。
更新プログラムを適用しない状態はセキュリティ上好ましくないため、ご利用者様のタイミングにて必ず適用作業を行ってください。

以下にWindowsアップデートの設定変更手順をご案内します。

Windows Updateの設定01

1.[スタート]よりコントロールパネルを選択します。

 

Windows Updateの設定02

2.「システムとセキュリティ」をクリックします。

 

Windows Updateの設定03

3.「Windows Update」をクリックします。

 

Windows Updateの設定04

4.「設定の変更」をクリックします。

 

Windows Updateの設定05

5.更新プログラム確認の設定より最適なものを選択し、「OK」をクリックする。
(ご利用開始直後は、更新プログラムの確認と適用を必ず行ってください。)

 

なお、更新プログラムのインストール後、VPSの再起動が必要となる場合があります
システムトレード等のアプリケーションを常時起動してご利用されているお客様は、

・更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する
・更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する

のどちらかをご選択いただき、任意のタイミングでインストールおよび再起動を行っていただくような設定をおすすめします

  • 30 人がこの投稿を評価しています
回答は役立ちましたか?

関連記事

[VirtualWeb] デスクトップアプリケーションを起動したままにする方法

VPS上のデスクトップアプリケーションを起動したままにしたい、あるいは作業を中断して後からまた再開したい、という場合には以下の手順で可能です。...

[VirtualWeb] VTトレーダーが起動しない

Windows Serverの規定のセキュリティ設定の影響により、VTトレーダーが起動をしない場合の対処方法の手順をご案内します。...

[VirtualWeb] Web Platform Installer 2.0からのインストールについて

デスクトップ上に存在する「Web Platform Installer 2.0」(以下Web PI)についてのご案内です。 Web PIはマイクロソフト社により提供されている機能で...

[VirtualWeb] .Net Framework 3.5 SP1のインストールについて

ここでは「Web Platform Installer 2.0」を使用した.Net Framework 3.5 SP1のインストール手順をご案内します。※この作業を行う前にWeb...

[VirtualWeb] サーバーマネージャー自動起動の停止方法

ここではリモートデスクトップ接続時に自動起動する「サーバーマネージャ」を停止する設定のご案内をします。  ...