[VirtualWeb] リモートデスクトップのポート番号変更方法

リモートデスクトップ接続では、通常TCPポートの3389を利用します。
ここでは、このポート番号を変更する手順をご案内いたします。

※ご注意※
ポートを変更する場合は、変更後のTCPポートを事前にWindows Firewallで許可しておく必要がございます。事前に許可をせずにポートの変更を行った場合、リモートデスクトップ接続が行えなくなる恐れがございますため、必ず事前に許可設定を行ってください。

 

[スタート]-[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

 

名前欄に[regedit]と入力し、[OK]をクリックします。

 

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TerminalServer\WinStations\RDP ・ Tcp\ の順にツリーを開きます。

 

PortNumber を選び右クリックをし、[修正]をクリックします。

 

[表記]を10進数に変更し、[値のデータ]に変更後のポート番号を入力し、[OK]をクリックします。

 

PortNumber の値が変更されました。※変更した値はかっこ()の中に表示されています。

 

変更後の設定はVPSを再起動することで有効になります。Windows Firewallの設定が済んでいるのを確認し、
[再起動]を行います。

 

いつも通り、接続先をIPアドレスのみで指定して接続を試みると、上記のようなエラーで接続ができない状態となっているのが確認できます。

 

上記のように、「IPアドレス:ポート番号] を接続先に指定することでリモートデスクトップ接続が可能です。

  • Email, SSL
  • 27 Users Found This Useful
Was this answer helpful?

Related Articles

[VirtualWeb] Microsoft Web Platform Installer の導入

Webアプリケーションをウィザード形式でインストールする事ができる、Microsoft Web Platform Installer の導入手順をご案内します。  ...

[VirtualWeb] VPSにインストールしたSQLServerに外部から接続する方法

本サービスにおきましては、セキュリティ上の理由からファイアーウォールによりウェルノウンポートのうち最低限必要なもののみを開放いたしております。その為、SQL...

[VirtualWeb] ユーザーの追加方法

ここではリモートデスクトップ接続可能なユーザーの追加手順をご案内します。  ...

[VirtualWeb] Webアプリケーションのインストール方法

ここではMicrosoft Web Platform Installer 2.0からWebアプリケーションをインストールする手順をご案内します。Microsoft Web Platform...

[VirtualWeb] Windows Firewallについて

VPS上では、既定でWindow Firewallが起動しております。Windows...