[VirtualWeb] Webアプリケーションのインストール方法

ここではMicrosoft Web Platform Installer 2.0からWebアプリケーションをインストールする手順をご案内します。Microsoft Web Platform Installer 2.0の導入については、同ナレッジ内『[VirtualWeb]Microsoft Web Platform Installer 2.0の導入』をご参照ください。

※ここでは例として「WordPress日本語版パッケージ」をインストールします。



Webアプリケーションのインストール_1

1.作成したWebサイト内のルートディレクトリにフォルダを作成します。

 

Webアプリケーションのインストール_2

2.IISを起動し、作成したWebサイトを右クリックして「アプリケーションの追加」を選択します。

 

Webアプリケーションのインストール_3

3.エイリアスを入力し、1の手順で作成したフォルダを選択して「OK」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_4

4.IISの左側ペインからWebサイトをクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_5

5.IIS右側ペインの管理項目、「Web Platform Installer」をダブルクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_6

6.「Webアプリーケーション」から「WordPress日本語版パッケージ」を選択して「インストール」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_7

7.「同意する」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_8

8.「アプリケーション名」に3の手順で作成したアプリケーション名を入力し、「続行」をクリックします。



Webアプリケーションのインストール_9

9.「2/2:アプリケーション情報の入力」で各情報を入力します。
 ・「新しいデータベースの作成または既存のデータベースの使用」項目で「新しいデータベースの作成」を選択
 ・「データベース管理者のパスワード」にパスワードを入力
 ・「データベースユーザ名」を入力
 ・「データベースパスワード」にパスワードを入力
 ・「データベース名」にデータベース名を入力
全て入力したら「続行」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_10

10.「完了」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_11

11.IISの左側ペインより、WordPressをインストールしたアプリケーションを右クリックし、「アクセス許可の編集」を選択します。

 

Webアプリケーションのインストール_12

12.「セキュリティ」タブをクリックし、「編集」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_13

13.「追加」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_14

14.「選択するオブジェクト名を入力してください」の項目に「IUSR」と入力し、「名前の確認」をクリックします。

 

Webアプリケーションのインストール_15

15.追加した「IUSR」に「変更」の権限を付与します。

 

Webアプリケーションのインストール_16

16.Webブラウザでアクセスしてセットアップします。

  • Email, SSL
  • 20 人がこの投稿を評価しています
回答は役立ちましたか?

Related Articles

[VirtualWeb] IE8のセキュリティ強度を緩和する方法

VPSにプリインストールされているIE8には「セキュリティ強化の構成(IE...

[VirtualWeb] VPN接続について

VPN接続に関して本サービスでは現在別途VPNオプションはご提供をいたしておりません。OS上で実行するソフトウェアタイプのものであれば利用は可能ですが、弊社では特定ソフトの推奨は行っておりません...

[VirtualWeb] ウィルス対策について

ご利用開始直後のVPSは、Windows Server 2008...

[VirtualWeb] リモートデスクトップのポート番号変更方法

リモートデスクトップ接続では、通常TCPポートの3389を利用します。ここでは、このポート番号を変更する手順をご案内いたします。...

[VirtualWeb] ユーザーの追加方法

ここではリモートデスクトップ接続可能なユーザーの追加手順をご案内します。  ...